シミ取りクリーム選ぶ基準

シミ取りクリームを選ぶ基準として「成分」に注目

 

シミ取り

 

シミが気になってクリームでケアをしようと思った際に注目するべき成分を紹介します。

 

ビタミンC誘導体

 

シミ取りクリームでおススメしたい成分は「ビタミンC誘導体」です。

 

ビタミンCではダメなのかと疑問に感じますが、ビタミンCもシミに効果があるとされている成分なのですが、ビタミンCは角質層に浸透しにくく不安定な特性を持っています。

 

ビタミンC誘導体というのは角質層に浸透するとビタミンCに変化して働く成分です。

 

通常のビタミンCの数十倍の浸透力があり、効果も長時間続きます。

 

コラーゲンを合成したり、シミの原因となるメラニンを抑制する働きもあるのでビタミンC誘導体入りのシミ取りクリームを選ぶことでシミの悩みを減らします。

 

シミ取りクリームランキングを見てみてはいかがですか?

 

その他の成分

 

ビタミンC誘導体の他にも注目したい成分として「アルブチン」と「プラセンタエキス」もおススメできます。

 

アルブチン

 

アルブチンは美白効果の高い成分であり、肌に優しく作用します。

 

安全性が高い成分なので毎日気軽に使うことができます。

 

プラセンタエキス

 

プラセンタエキスは美白成分として化粧品に使われることが多いです。

 

新陳代謝を促進し、シミの原因となるメラニンを作ってしまう要因となる紫外線のダメージを軽減する働きがあります。

 

成長因子を豊富に含んでいるので肌の免疫力を上げてくれます。

 

よって、シミ取りクリームの成分で含まれているとよりシミに効果的に働きかけてくれる成分として「ビタミンC誘導体」「アルブチン」「プラセンタエキス」が挙げられます。

 

 

ハイドロキノンについて

 

ハイドロキノンは医薬部外品の成分ではないですが、ビタミンC誘導体の100倍の効果があると知られています。

 

ハイドロキノンの市販のクリームは通常濃度が1〜2%の範囲内に収まっていますが、より強いものが欲しいと思ったときには皮膚科で処方してもらう必要があります。

 

 

ルミキシル

 

ルミキシルは海外から取り寄せるシミ取りクリームでハイドロキノンのさらに数十倍の効果があるにもかかわらず、副作用が全くないので一番おすすめです。

 

 

これらのなかから参考になるものを使ってみてはいかがでしょうか?